KAB<活性汚泥機能強化剤>による排水処理は、汚泥の基質化を促進しかつ活性汚泥の働きを強化することで「余剰汚泥のゼロ化または大幅減容」を実現します。

また、付随効果として、処理水質を良化するメリットがあります。
排水の再生利用(上水・工業用水使用量の削減・各使用料の削減)や、下水道放流から河川放流への切り替え(下水道利用料の削減)など、副次的効果も大きな魅力となります。
産業廃棄物削減の環境対策に加え、薬品使用量の削減、省エネ、温室効果ガス排出量削減、そして汚泥の処分・運搬等の費用削減などの効果があり、環境対策とコスト削減を両立して実現することが可能です。
SDGs、脱炭素経営の取り組みとして、是非ご活用ください。
※本商品は全てオーダーメイドになります。
 オンラインでのご購入手続きはできませんので、お問い合わせください。

KAB<活性汚泥機能強化剤>

SKU: KAB001
¥4,500価格
20 L
  • ■使用条件

     水温:20℃以上
     pH:4~9

    ■使用期限

     製造日から90日以内

    ■保存方法

     直射日光を避け高温・低温になり過ぎない場所に保管

    ■使用量の目安

     1ヶ月目  :曝気槽容積の0.3%
     2ヶ月目  :曝気槽容積の0.2%
     3ヶ月目以降:曝気槽容積の0.1%
            ※以降毎月0.1%

  • 本商品は、全てオーダーメイドでの販売になります。

    ご注文いただいた場合、弊社よりご連絡させていただきます。