クリーナー・プロダクション

<参考文献・引用>
 

 1992年にUNEP(国連環境計画)が推進しているもので、低環境負荷型の生産システムの構築を目指している。その内容は、以下の通り。
(1)製品や生産工程で人や環境へのリスクを低減させるため継続的に環境対策を適用すること。
(2)天然資源やエネルギー資源の保全、有害原材料の除去、廃棄物量とその有害性の低減を図ること。
(3)天然資源の採取から製品の廃棄処分に至るライフサイクルを通じた環境への影響を低減すること。
(4)専門的知識の適用、技術改善に努めること 等

クリナープロダクションはイン・プロセス技術として省資源化、省エネルギー化と同時に生産コストの低減化を図ることが出来るので開発途上国に導入することが期待されている。