CSR(シーエスアール)

<参考文献・引用>
 

 CSRとは、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibilityの略)です。
 企業には、利益追求・法令遵守だけでなく、あらゆるステークホルダー(全利害関係者のことで、消費者をはじめ社会全体)の多様な要求に対し適切な対応をとる義務があります。
 人権を尊重した適正な雇用・労働条件、消費者への適切な対応、環境への配慮、地域社会貢献等々、市民としての企業が果たすべき責任をいいます。
 国際的なガイドラインとして、国際標準化機構ISOは、社会的責任は企業のみではなく、より包括的なものであるという議論を経て、2011年11月に「社会的責任:SR(Social Responsibility)」に関する国際規格ISO26000を発効させました。
 この規格には〈企業統治〉〈人権〉〈労働慣行〉〈環境〉〈公正な事業慣行〉〈消費者に関する課題〉〈コミュニティおよび開発〉の七つの中核主題が掲げられており、企業のみならず、全ての組織を対象としています。

2021-06-21 (2).png
p_topics_087_04.jpg