トップ.jpg

JFS が取り組む SDGs / 持続可能な開発目標

JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ
JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ
JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ
JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ
JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ
JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ
JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

 

​ターゲット

3.9    2030年までに、有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。

JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ

すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

 

​ターゲット

6.3    2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な
   再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。
6.4    2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し水不足に対処すると

   ともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。
6.6    2020年までに、山地、森林、湿地、河川、帯水層、湖沼を含む水に関連する生態系の保護・回復を行う。
6.a    2030年までに、集水、海水淡水化、水の効率的利用、排水処理、リサイクル・再利用技術を含む開発途上国における水と衛生分

   野での活動と計画を対象とした国際協力と能力構築支援を拡大する。
6.b    水と衛生に関わる分野の管理向上における地域コミュニティの参加を支援・強化する。

JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、
技術革新の拡大を図る

 

​ターゲット

9.4    2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や
   産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。

JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

 

​ターゲット

12.4    2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を
      実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
12.5    2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

12.a    開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進のための科学的・技術的能力の強化を支援する。

JFS|KAB|バイオ|水処理|排水処理|汚泥分解|汚泥削減|分解|油分解|土壌汚染|悪臭|消臭|生ごみ|浄化|排水設備|曝気槽|沈殿槽|膜処理|RO膜|グリストラップ|浄化槽|排水処理コンサルティング|プラントコンサルティング|排水管理コンサルティング|汚泥活性|汚泥活性剤|ジャパンフォーシーズンズ

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

 

​ターゲット

14.1    2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。
14.2    2020年までに、海洋及び沿岸の生態系に関する重大な悪影響を回避するため、強靱性(レジリエンス)の強化などによる持続的

     な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。