株式会社ジャパンフォーシーズンズ ( Japan Four Seasons Co., Ltd.​ )

〒343-0023 埼玉県越谷市東越谷2-11-7

( 2-11-7, Higashikoshigaya, Koshigaya, Saitama Prefecture, 343-0023, Japan )

TEL : (+81) 048-966-9294

E-mail:info@japan-four-seasons.com URL:https://www.jfs-trading.com

 
 JFS は 確実な成果 をご提供します!
『成果が目に見える環境対策』
『環境対策とコスト削減の両立』を実現します

​     KAB』片岡複合菌技術の効果を実感してください !

目に見える「産業廃棄物のゼロ化、省エネルギー・省資源化、省人力化」を「コスト削減」と共に実現します。

ゼロエミッション3.png
KAB.png

 ✔ 排水処理から排出される有機余剰汚泥のゼロ化(または大幅な減量化)

 ✔ 汚水・汚染水の浄化

 ✔ 急激な水質変化に対応した排水処理の安定化

  <変化の要因:BOD、COD、温度、ショックロード>

 ✔ 廃油分解(鉱物油・動植物油)

 ✔ 高濃度BOD排水分解(アルコール、シュガーエステル、ペクチン等)

 ✔ 難分解性物質分解(PCB・TCB・ダイオキシン・ジオキサン・フミン等)

 ✔ 土壌汚染浄化

 ✔ 悪臭消臭

 ✔ 生ごみなどの有機残渣の分解  等

<KABご導入手順>

STEP1.KAB商品説明、導入事例(各業界での採用状況等)等のご紹介

STEP2.事前ヒアリング事項の確認(システム調査票)、処理設備や分解等の目的物の状況・状態の確認、

    目的物サンプルのご提供、適合試験実施の同意

STEP3.適合試験(有料)実施<期間:概ね1ヶ月~1.5ヶ月>(片岡ラボ、第三者分析機関)

STEP4.適合試験結果「」の場合:試験結果のご報告ならびにKAB導入のご提案 ☞ 採用となった場合5へ

        適合試験結果「」の場合:試験結果のご報告のみ(KAB導入はお見送り

STEP5.ご契約、ご利用開始(余剰汚泥ゼロ化の場合、初回添加後2ヶ月間は調整期間)

STEP6.安定稼働へ

​資料ダウンロード

スクリーンショット (16).png

2019年12月改定版

KAB浄化反応促進剤

​簡易版パンフレット

​<全業種対応>

20190421_KABバイオミューター.png

2019年4月版

KABバイオミューター

​簡易版パンフレット

​<トイレ用>

20190421_原油採掘、石油精製・販売、貯蔵タンク所有会社向けKAB導入効果

原油採掘、石油精製・

販売、貯蔵タンク所有会社向け

KAB導入効果

KABは、有機物分解酵素を分泌する通性嫌気性土壌細菌である和田菌を基に、片岡バイオ研究所が自然環境から採取した複数の細菌・古細菌および菌類を独自に馴養し機能強化した特定微生物を複合菌技術によって混合した機能強化複合微生物群製剤です。
複合する菌によって効用は異なり、分解や浄化の目的物や施設毎に最適なオリジナルブレンドを生成し、様々な分解・浄化機能を発揮します。KABはこれらの目的物毎に生成された機能強化複合微生物群製剤全ての総称です。KABによる処理法は活性汚泥法における機能強化細菌法と称します。

様々な分野の工場、プラント、施設、施工現場等で『KAB』は活躍

 ✔ 排水処理から排出される有機余剰汚泥のゼロ化(または大幅な減量化)

 ✔ 汚水・汚染水の浄化

 ✔ 急激な水質変化に対応した排水処理の安定化

  <変化の要因:BOD、COD、温度、ショックロード>

 ✔ 廃油分解(鉱物油・動植物油)

 ✔ 高濃度BOD排水分解(アルコール、シュガーエステル、ペクチン等)

 ✔ 難分解性物質分解(PCB・TCB・ダイオキシン・ジオキサン・フミン等)

 ✔ 土壌汚染浄化

 ✔ 悪臭消臭

 ✔ 生ごみなどの有機残渣の分解  等

■高機能な"分解・浄化力"をもち、環境に優しく、人に優しく、企業に優しい『KAB』

■お客様と共に、お客様の立場で、ゼロ・エミッションに取り組み、お客様の期待に応えます。

 期待1 「環境対策」・・・・・・・・・CSR、SDGs等に対応したお客様の環境対策のお取組みに貢献

 期待2 「コスト削減」・・・・・・・・『コスト削減』と『環境対策』を両輪で実現

 期待3 「環境対策企業PR効果」・・・企業としての責任、責任を果たしていることの”見える化”

■対象業種

 ほぼ全ての業種(排水処理の場合、排水処理方法に活性汚泥法を利用していることが条件)

 ほぼすべての業種で最も多いニーズは余剰汚泥の分解(ゼロ化または大幅な減量化)です。

 この場合、排水処理方法が「活性汚泥法」であれば業種を問わずご利用可能です。

 KAB導入に新たな設備の設置は不要です。ほとんどの場合で既存の設備を利用します。

 KABの活用に排水設備の大きさ・排水処理量は問いません。

 「食品・飲料品製造業」「化学工業」「鉱業」「パルプ・製紙業」「石油製品製造業」「電力」「各種機械器具製造」など

 多くの排水を処理し、余剰汚泥(産業廃棄物)を排出される業種で幅広くご利用いただいています。

私たちがご提供する『KAB』による ❝ゼロ・エミッション❞ は、余剰汚泥のゼロ化や廃油分解をはじめ、土壌汚染の浄化やPCBやTCB、ダイオキシン等の難分解性物質の分解等幅広いニーズに対応します。

お客様からの要請により、日々新たな分解や浄化に挑戦し、従来生物処理が困難と思われていた分野でも、分解や浄化を実現し、様々なニーズにお応えしています。今後も技術力・サービスの向上に努めてまいります。