背景2 - コピー.jpg

明るい未来のために お客さまとともに
微生物とテクノロジーが協働する
新しい環境対策

200413_JAPAN FOUR SEASONS.png
200511_太陽_空.jpg

MESSAGE / 代表挨拶

 

日頃のご厚情に心より感謝申し上げます。

 

当社は、KAB(Kataoka Aggregate Bacteria)を活用したバイオレメディエーション技術の提供を軸に、産業廃棄物対策を中心とした環境対策コンサルティングを展開しています。

バイオレメディエーション技術の活用の他、工場排水に代表される産業廃棄物の処理に関するプラントエンジニアリングを通じて、バイオ技術の活用法のみならず、排水処理プラント・浄化槽・グリストラップの適切かつ効率的な運用方法のご提供、対象物に最適な処理設備や処理方法のご提供等、環境対策関連のインフラ技術をご提供させていただいております。

弊社がご提供するKABによるバイオレメディエーション技術は、既存の施設や設備で活用いただく事が可能です。

当社は「環境対策≠新たな設備の導入」とは考えておりません。

費用対効果を最大限に重視し、製造への影響なく、現行の設備を最大限活用し、最大の処理パフォーマンスを発揮できるよう知恵を絞った対策を講じてまいります。

設備投資に関しては、お客様の強い希望や中長期設備投資計画などを踏まえて、真に必要な場合のみ必要最小限の範囲内でプラント対策をご提案しております。採用する技術も最新の技術に固執することなく、目的や対象物に対し最適なモノのご提案をさせていただいております。

当社は、『KAB』の活用を事業の柱に、廃水処理における余剰汚泥ゼロ化のほか、有機産業廃棄物のゼロ化を実現させるなど、各工場毎に生じる様々な産業廃棄物を合理的に無くす方法を、個々の工場毎に、工場の皆様と協力して構築させていただいております。

脱炭素社会・カーボンニュートラルの実現が求められる中、各企業の皆様は、SDGsの趣旨に沿った取り組み、CSRを果たす取り組み、さらには一層積極的な取り組みが求められるUNGCの取り組みなど環境対策に苦心しつつお取り組みされていらっしゃることと存じます。

当社は、微生物の可能性を徹底的に追及した高度なバイオレメディエーション技術を用いて、そんな企業の皆さまのお役に立てるよう取り組んでおります。

当社は、環境対策の“成果の見える化”と“コスト削減”を両立して実現してまいります。

ゼロ・エミッション ソリューションカンパニーとして、お客様と長期的に良好な関係を構築し、信用を積み重ね、信頼関係を築いていくことが最も重要であると考え日々取り組んでおります。​

クライアント企業の皆さまの持続的な発展に寄与し、貢献して参る所存ですので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社ジャパンフォーシーズンズ

​代表取締役 本澤 武

入札.jpg

MVV / ミッション・ビジョン・バリュー

​Mission

SDGsやCSRの取り組みを支援し

環境対策を通じて

社会的役割を果たします

「持続的な社会」の実現に向け、企業のSDGsやCSRの取組みに貢献し、人に優しく、企業に有益な環境対策を提供することによって、社会的役割を果たしてまいります。

Vision

環境コンサルティング & 

バイオ・プラントエンジニアリングを通じてゼロ・エミッション

を実現します

微生物の可能性を徹底的に追求した環境浄化エンジニアリング「『KAB(Kataoka Aggregate Bacteria)』-片岡複合菌」を柱にゼロ・エミッションを実現してまいります。

​Value

『環境対策』成果の”見える化”と

『コスト削減』を両立させ、

​企業と人・社会に有益な

環境対策を実現します

『ゼロ・エミッション ソリューションカンパニー』として「環境コンサルティング&バイオ・プラントエンジニアリング」を通じて、『環境対策』成果の”見える化”と『コスト削減』を両立させ、クライアントである企業と人・社会に有益な環境対策を実現します。

トップ.jpg

SDGs / 持続可能な開発目標

17の持続可能な開発のための目標(Sustainable Development Goals)において、JFSは事業を通じて以下の目標に取り組んでまいります。

sdg_icon_03_ja_2.png
sdg_icon_06_ja_2.png
sdg_icon_09_ja_2.png
sdg_icon_12_ja_2.png
sdg_icon_14_ja_2.png
header_mainlogo01_edited.jpg
sdg_icon_03_ja_2.png

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

 

​ターゲット

3.9    2030年までに、有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。

sdg_icon_06_ja_2.png

すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

 

​ターゲット

6.3    2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な

    再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。
6.4    2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し水不足に対処すると

    ともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。
6.6    2020年までに、山地、森林、湿地、河川、帯水層、湖沼を含む水に関連する生態系の保護・回復を行う。
6.a    2030年までに、集水、海水淡水化、水の効率的利用、排水処理、リサイクル・再利用技術を含む開発途上国における水と衛生分

    野での活動と計画を対象とした国際協力と能力構築支援を拡大する。
6.b    水と衛生に関わる分野の管理向上における地域コミュニティの参加を支援・強化する。

sdg_icon_09_ja_2.png

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

 

​ターゲット

9.4    2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や

    産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。

sdg_icon_12_ja_2.png

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

 

​ターゲット

12.4    2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を

   実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
12.5    2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

12.a    開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進のための科学的・技術的能力の強化を支援する。

sdg_icon_14_ja_2.png

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

 

​ターゲット

14.1    2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減す

   る。
14.2    2020年までに、海洋及び沿岸の生態系に関する重大な悪影響を回避するため、強靱性(レジリエンス)の強化などによる持続的

   な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。

CSR / 企業の社会的責任

企業の社会的責任。Corporate Social Responsibilityの略語である。企業は,利益追求,法令遵守だけでなく,あらゆるステークホルダー(利害関係者のことで,消費者をはじめ社会全体)の多様な要求に対し適切な対応をとる義務があることを示す。人権を尊重した適正な雇用・労働条件,消費者への適切な対応,環境への配慮,地域社会貢献等々,市民としての企業が果たすべき責任をいう。国際的なガイドラインとして,国際標準化機構ISOは理事会の決議で,2001年CSRの規格化の検討に入ったが,社会的責任は企業のみではなく,より包括的なものであるという議論をへて,2011年11月,〈社会的責任SR Social Responsibility〉に関する国際規格ISO26000を発効させた。この規格には,〈企業統治〉〈人権〉〈労働慣行〉〈環境〉〈公正な事業慣行〉〈消費者に関する課題〉〈コミュニティおよび開発〉の七つの中核主題が掲げられており,企業のみならず,すべての組織を対象としている。

2021-06-21 (2).png
p_topics_087_04.jpg
 
水4.jpg

​BUSINESS / ビジネス

​■ CONSULTING / 環境コンサルティング

JFSは、排水系有機廃棄物を“排出させない”<ゼロ・エミッション>に挑戦しています。

高度なバイオレメディエーション技術によって、工場で生じる余剰汚泥のゼロ化廃酸・廃アルカリ高濃度BOD廃液の分解廃油の分解に加え、難分解性物質の分解放射性物質の壊変実証にも取り組んでいます。

『KAB』を有機廃棄物ゼロ・エミッションの課題解決策の柱におき、バイオ技術とプラント技術ならびにそれぞれの有効活用法をご提供し、ソフト・ハード両面からのアプローチで有機産業廃棄物のゼロ化を実現します。

また、「人に優しく、企業に有益(費用対効果の最大化)であること」に最大の価値感を置き、持続可能な社会の実現に向けた企業の環境対策・技術改善が、社会・企業にとって実り多いものになるよう、有益な課題解決策をご提案してまいります。

​■ ENGINEERING / バイオ・プラントエンジニアリング

​▶ KAB / 片岡複合菌

KABは、バイオレメディエーション技術として使用する機能強化複合微生物群製剤です。

有機物分解酵素を分泌する通性嫌気性土壌細菌である和田菌を軸に、片岡バイオ研究所が自然環境から複数の細菌・古細菌および菌類を採取し、独自の馴養で機能強化した特定微生物を、メゾスコピック・マイクロバイオロジーにおける微生物間コミュニケーションを活用した独自の複合菌技術によって組成しています。

 

複合菌の多機能性は各大学や研究機関で立証されています。

しかし、活用の可能性は未知数であり、片岡バイオ研究所ならびに当社は、複合菌の可能性を徹底的に追求し、KABは絶え間なく進化し続けています。

KABが先進のバイオレメディエーションを実現し、有機系環境課題(産業廃棄物の削減・ゼロ化)を解決に導きます。

KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策
KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策

国内外の工場等において、KABによる排水処理設備での余剰汚泥ゼロ化、グリストラップ浄化、高濃度BOD廃液の分解、COD対策、バイオトイレ、生ごみ等の残渣分解 等

KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策
KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策

国内外の工場等において、KABによる排水処理設備での余剰汚泥ゼロ化、グリストラップ浄化、高濃度BOD廃液の分解、COD対策、バイオトイレ、生ごみ等の残渣分解 等

KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策
KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策

国内外の工場等において、KABによる排水処理設備での余剰汚泥ゼロ化、グリストラップ浄化、高濃度BOD廃液の分解、COD対策、バイオトイレ、生ごみ等の残渣分解 等

KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策
KAB | 余剰汚泥ゼロ化 | 高濃度BOD廃液分解 | 環境対策

国内外の工場等において、KABによる排水処理設備での余剰汚泥ゼロ化、グリストラップ浄化、高濃度BOD廃液の分解、COD対策、バイオトイレ、生ごみ等の残渣分解 等

1/82
201124_Ver.14表紙.jpg

 

ACTIVE FIELD / 活躍分野

KAB.png

  排水処理における活性汚泥法で生じる余剰汚泥のゼロ化(または大幅な減量化)

  急激な水質変化(負荷変動)に対応した排水処理の安定化

  汚水・汚染水の浄化

  鉱物油・動植物油、油脂の分解

  高濃度BOD排水の浄化(アルコール、シュガーエステル、ペクチン等)

  難分解性物質分解(PCB・TCB・ダイオキシン・ジオキサン・フミン等)

  土壌汚染の浄化

  悪臭の無臭化(悪臭防止法に基づく悪臭物質等に対応)

  生ごみ等の有機残渣の分解  等